2018年04月19日

大阪生活3週間メ

引越すことは好きだけど、引っ越しの荷造りはいつになっても苦手というかたぶんコツなんてものはなくて、楽に引っ越すためには荷物を普段から持たないようにしないといけないけどそれができないのでまぁ荷造りは苦しむしかないんですが、その必死の荷造りの翌日にはもう荷解きをして、あんなに大変な思いで詰めたものをもう出さないといけないということに歯ぎしりしながら荷解きを初めてはや3週間。先日、引っ越し業者に段ボールを引き取ってもらって、残るは5箱くらいにしたんですが、引き取ってもらうにあたり、そのうちどこかにしまうからとりあえず箱から出すという暴挙に及んだせいで床が…狭い…。前の部屋は、広さは今の部屋より狭いんですが、ロフトやら面積に含まれない収納場所が一杯あったので、実のところ今のところよりもずっと広く、クローゼットも高さがあったので、同じ幅でも微妙に荷物が入らないというか入るんだけどギチギチ感がひどいというかなんというか…。
今の物件もクローゼットはある方だと思うんですが、WICは、以前の部屋を知ってる人は知ってる衣装やウイッグを入れてた棚をそのままクローゼットに突っ込み、ハンガーにかかった衣装と小道具諸々を箱ごと詰め込み積み上げ、ウォークイン、とは…という具合に足を踏み入れる余地もないほどにぎゅうぎゅうになってるし、もう一つのふつう?のタイプのクローゼットだって130位の幅はあるし、下駄箱がSICになってるので、半分は靴以外を入れて倉庫にしてるのになぜまだ入りきらない荷物があるのか。おそるべしロフト。恐るべし床下収納。本は本棚にしてたカラボをほかに転用しているからあきらめてるけどそれ以外が微妙に入ってないのはなぜなんだろう。いっそカラボの転用をやめて本をまずどこかに詰めた方が片付くんだろうか?
そんなわけで、片付きました!と言える日はまだ遠そうですが、こつこつやるしかない。仕事の方は夜勤ばかりで体力的にはなかなか厳しいですが、頭使う作業は減ったのでその分楽かなー。あと仕事で疲れても電車が空いてるのが地味に助かる。東京は通勤だけでぐったりする日もあったから(-x-;
そう、引越て何がびっくりしたかって、4両編成の地下鉄路線があることでしょうか。なのにすし詰めになることがないなんて!みんなどうやって移動してるの?歩いてるの??
posted by raico at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183025039
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック