2017年01月22日

奥飛騨温泉旅A

やっぱり朝風呂に行くような時間には目が覚めず、朝食に間に合う時間に起床。天気は曇りでしたが昨夜は大して降らなかったのか昨日以上には積もってない模様。宿の方の話によると、昨日の積雪は一昨日位のドカ雪のせいで、それまではそんなには積もっていなかったらしい。そういえば金曜は東京でも雪ぱらついていましたね。
昨日はテーブルだったので、今日はカウンターで朝食をいただくことに。IMG_2588.JPG昨日あんなに苦しんだのに、野菜中心だったこともあり、何とか完食。今日は(も)特に予定はなく、チェックアウトしたら帰るだけだったのですが、宿の姉妹館で毎日恒例の餅つきがあるということ見に行ってきました。こちらも秘湯の会の宿で、一応検討はしたのですがお値段的に見送ったお宿。庄屋屋敷を移築したという宿は、趣があって、たしかにお高いのもわかるというもの。IMG_2589.JPG海外からのお客さんも多いらしいそうです。お客さんも参加しての餅つきなんですが、自分は腰をいためそうだったので見ているだけ。搗きたてのお餅だけいただいてきました。
お餅つきのあとはバス停まで送ってもらい、バスで平湯温泉BTまで。バスの車窓からは、昨日時間がなくて行けなかった青ダルの様子が見えました。人工ではあるんですが、大きな氷柱は迫力がありました。氷柱といえば、宿とかの軒先にも大きなつららができていました。新潟とかの豪雪地帯だと屋根の雪下ろしをしていると思うんですが、奥飛騨付近はまだ雪下ろしをするほど積もっていないのか、雪下ろしはしない文化なのか、積もりっぱなしなんですよね。落雪注意と書いてあったりはしますが。なのでつららも育ち放題となっていました。あれ育ちすぎると落ちるときに窓ガラスに当たって危険だって聞いたことがあるような気がするんだけどな。最近の窓は頑丈だから大丈夫なんだろうか。自分が乗ったのはほぼ始発みたいな場所だったのですが、BT着くまでにスーツケース持ったお客さんがガンガンのってくる。温泉郷の各温泉を回るので、あっという間に満員に。荷物用のトランクがなくて2座席分が荷物置き場になっているものの、とてもそんなものでは間に合わない状態。運転手さんも焦ってきてどうするのかなーっておもってたら、途中のバス停からバスが1台追加されました。来た時の高速バスもそうだったんですが、無線で頻繁にやり取りがあって、乗車状況とかを受けて調整したみたい。自分が前について乗せていきますみたいな無線が聞こえました。そういえば、行きにBTから乗った時もなぜか予定外に増発してたバスに乗ったんでした。路線バスだけど、距離もあるから基本的には座らせるようにしているのかな。柔軟な対応ありがたいことです。
平湯温泉BTからは松本まではバスで小一時間。ちなみに高山までも小一時間。昨日は乗りつかれてあまり気にしてなかったですが、途中凍った梓湖IMG_2592.JPGがあったり、奈川渡ダムの天端道路を渡ったりといろんな景色が楽しめます。冬はシーズン的に来るのは大変だけど、それはそれで豪雪地帯らしい雪景色は見ごたえがあるんですよね。今回はバスなので視点も高くて見晴らしもいいし。これで渋滞にはまりさえしなければ。うう…。
松本までは道が悪いので少し遅れましたが、渋滞はなくちょっと遅れて松本BT到着。そういえば、途中で車が故障したけどお金がないという人が乗ってきて、まさかのコンビニでの臨時停車なんてことがありました。自由だな…。BT周辺にもATMはあると思うけど、降りるまでにお金用意させたかったんだろうか。
松本からは特急あずさ。IMG_2591.JPG朝ごはんのあとにお餅を食べたこともあっておなかが減ってなかったので、お昼ごはんのかわりに信州ワインとおつまみを用意して乗車。昼ワインを楽しみました。おつまみがあまり優雅じゃないですが…。天気がいまいちだったので期待はしていませんでしたが、途中から山梨方面は晴れて、富士山も何とか見えました。1泊2日の結構弾丸旅でしたが、非日常の雪景色を堪能できてなかなか楽しかったです。奥飛騨温泉郷は秘湯の会の宿がまだいくつかあるので、機会があればまた行きたいかな。今度は行きもあずさか、名古屋経由のワイドビューひだで。
posted by raico at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178515601
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック