2016年07月09日

ほおずき市

本日はついに愛車とお別れ。駐車場から出すのは自分で運転したんだけど、業者さんと交代するにも雨だったのでのんびりお見送りもできず、なんだかさくっとお別れ…。これくらいさっぱりした方があとくされなくていいかな。まぁ涙雨ってことで。次も大事に乗ってもらえるといいなぁ。

IMG_2015.JPGそして夕方ごろからはお誘いいただいた、浅草のほおずき市へ。ほおずき市ってじつは初めて。今年はちょうど休みの日に当たったので、せっかくなので出かけてきました。雨降ったおかげで暑さも和らいでましたしね。湿度は高かったですが。
雷門でRあさんと坊ちゃんと待ち合わせて、仲見世を冷やかしながら本堂へ。思っていたよりは空いてる感じ?かな。ほおずき市は、四万六千日のご縁日にちなんで開かれるんですが、四万六千日とは何ぞや??と思ったら、今日参拝すると、四万六千日、つまり約126年年分の御利益があるんだとか。単位がすごすぎる。そんな大盤振る舞いでいいのか??126年って0歳で参拝しても寿命超えてるよね。
これはお参りしなくては。ということでお参りして、坊ちゃんの勧めに応じておみくじを引いてみたんですが…ここでまさかの凶!!内容はなかなかに酷い。というかかなり酷い。ほぼ救いようがない。IMG_2016.JPGIMG_2018.JPG今まで、おみくじで凶を引いたことがあったか覚えていないけど、こんな酷いの見た記憶がないので、一番酷いんではないかと…。説明によると、大吉でも調子に乗ると凶に転じるし、凶でも頑張れば吉に転じるらしいので、吉に転じて下さい…と祈りながら結んできました。浅草寺のおみくじは凶以外は持って帰ってねってことらしいんですが、凶なので心おきなく結んできました。いやぁ、なかなかの衝撃でしたよ。ガ○スの仮面で目が白くなるシーンくらいの衝撃。
気を取り直して、境内の散策へ。ほおずき市ということで、ほおずきがこれでもか!と売られています。鉢は買えない(ベランダは物置くの禁止、室内は虫が怖くて置けない)ので見ているだけ。実だけも売ってますけど、やっぱり買うなら鉢で買った方がいいんじゃないかな。
思いの他日が長くて、なかなか暗くならないので、先にご飯を食べに行くことに。あちこちさまよいましたが、結局もんじゃ屋さんで食べました。浅草ももんじゃ屋さん多いんだねぇ。のんびりしすぎて終了時間ギリ位になりましたが、再び境内にUターン。電灯にてらされたほおずき市もなかなか素敵でした。浴衣できている方も多くて、絵になる感じ。こういう季節行事もいいもんですな。
posted by raico at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176026148
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック