2016年01月07日

ぶらりNZ旅D

NZ旅も終盤。マウントクックを離れると、あとはもう飛行機に乗るために移動するだけです。6日ってあっという間ですな。
バスが出るのが午後なので、少しだけ早めにチェックアウトしてトレッキングへ。昨日無料の簡単なコースマップ(英語…)を貰ったので、どこに行こうかチェックしたのですが、時間的に行けそうなのは往復2時間のケア(鳥の名前)コースくらい。朝一で出れば4時間のコースも行けないこともないと思いますがそこまで頑張れなかった。そんなわけで、いざお散歩へ。今日も気持ち悪いくらい天気がいいです。選んだコースは高低差もそれほどなく、途中木道になっているところもあるんですが、ところどころはガレ場。まぁビーサンで歩いている人もいるくらいなので、スニーカーでも十分なコースなのですが、1時間ほど歩いたらば靴が、靴が壊れました(;-;)IMG_1583.JPGえー、ジムで使ってたくらいの綺麗な靴なのに(ニュージーランドは国外の土がついた靴の持ち込みにうるさいのです。綺麗に洗って持ち込まないと入国時の検疫で没収されるとかなんとか)。とはいえ5年前位の靴だから接着剤とかは劣化するんだろうか。まぁ帰りは捨てて行こう。IMG_1584.JPGそんなこともありましたが、ケアコースのゴール地点はマウントクックの峰がぐんと近くなり、氷河が解けるというかきしむ?音も聞こえてきました。他に人がいなかったので、ここでもベンチで山を眺めてぼーっとしてましたが、日差しがキツイので撤収。靴は仕方ないので手持ちのビニール袋を割いて紐にして応急処置しました。でも結局歩いているうちに反対の方も同じように壊れたので、底なしで歩きましたけど(一応中敷きはあるので)。ちょっと恥ずかしいので早くはきかえたかったんですが、既に荷物がバスに積まれてて履き替えられず(>□<)Noooooooooo!
IMG_1581.JPG仕方ないので、そのままでカフェでお昼ごはん。ラムか鹿肉のパイにしようかな、と思ってたのですが、スモークサーモンのベーグルが美味しそうだったのでこちらに。美味しゅうございました。ニュージーランドは肉も野菜も魚介もフルーツも美味しくていいね!さすが自給率200%超える国やで。水はちょっと高い気がするけど。スーパーでもペットボトルの500Ml位の水が200円位はしてたような。水道水が飲める国なので、買う必要ないですけどね。
午後からはバスでクライストチャーチへ。クライストチャーチから国内線でオークランドに移動すると、あとはもう帰国するだけ。なんですが、帰国便までは時間があるのでホテルに泊まるツアーです。
クライストチャーチに行く途中、テカポを通るのですが、テカポ湖は昨日見た(今日も見たけど)プカキ湖と同じミルキーブルー。テカポに泊りたいって思ってたけど、両方見えたし、マウントクックはマウントクックでトレッキングとかもできたし、結果オーライだったかも。テカポだと湖のあたりを散歩とかはできるけど、何もなさそう…。まぁそれくらいじゃないと星空がきれいじゃないんでしょうけどね。行けなかったマウントジョン天文台もそばを通りました。テカポの街からはちょっと離れていて、さらにクイーンズタウンみたいな山がちではなく平野なので、360度星空って感じになるのかも。クイーンズタウンの星空ウォッチングの人に言わせると、平地過ぎて遠くの光(街頭とか車のヘッドライト)も届いてしまうので、ある程度山で光が遮られた方がいいらしいのですが。その方は特に写真家さんなので、シャッター開けるし、余計な光がNGなんでしょうけど。
本日もまた5時間ほどバスにのって、クライストチャーチ到着。明るかったのですが、国内線乗ってる時間は1時間半くらいで食事が出ないので(お菓子は出る)、適当に食べて下さいねーと言われたので、空港のフードコートでホットドックをいただきました。ホットドックも結構でかい。30分くらいで食べなきゃいけなかったので結構苦しかった。オークランドに着くのは21時すぎ。さすがに暗くなってました。(オークランドは北島なので南島よりは日が落ちるのが早い)
寝るだけ、のホテルにしては綺麗なホテルで勿体ない気がしましたが、また飛行機で寝られないかもしれないし、朝も結構早い(6時過ぎにお迎えが…)ので広いベッドでしっかり寝ました。ああ、もう明日は寒い日本に帰るのか…。
posted by raico at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171464914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック