2017年08月20日

東北秘湯旅A

今日は一路会津若松へ。宿は東山温泉です。
今日もくもりかなと思ってたら結構晴れてきて、むしろ暑いくらい。今日D1だったら結構焼けたんじゃないかな…。ギリィ。
会津若松ではとりあえず、『会津さざえ堂』へ。美の巨人たちで紹介されてたのを見てから、一度行ってみたかったんですよね〜。IMG_0606.jpgIMG_0602.jpg飯盛山は階段のほかにエスカレーターでも登れるバリアフリー?な山だったんですが、ついて延々と続く階段を見たら「エスカレーターで」となってしまいました。いやぁせっかくだし…ね。で、調子にのってうっかり上りすぎたんですが、さざえ堂は中腹から横道に入って行ったところにありました。同じ構造のシャンポール城の二重らせん階段はダ・ヴィンチがデザインしたとか言われてるので、同じ構造が日本にもあるとか不思議。そもそもあの時代にらせん状の建物があるのが不思議と思ってたんですが、らせん構造のさざえ堂というもの自体は昔から作られていたみたいですね。でも二重らせんなのは特殊らしい。海外から設計図が来たのか日本の大工さんが考えたのかはわかんないですけど、お堂自体のデザインも素敵だなと。結構小降りで、入ってみると、私でも圧迫感を感じるくらいの天井の高さ。あと結構急斜面。階段じゃなくてスロープなので、滑らないように横に細柱が渡してあるんですが、徐々に付け足されていったのかすごい小刻みで滑りはしないけど躓いて歩きにくい(^^;木造だけあって、ギシギシ言ってて、入場制限してないけど、何人くらい同時に入って大丈夫なんだろうかとちょっとドキドキしました。
お堂を堪能した後は会津のカフェ巡り続きを読む
posted by raico at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |